--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.27

妄想日記 血塗れの彼氏

目指すはタバコ屋横の公衆電話。

店は古めなのに、電話機は妙に新しい。
何でかって?
理由は知ってるが、正直余り言いたくない。

〝噂のお化け〟に会えたら話す気になるかもしれないけど。


―― 午後九時。


電話機の前に来た。
標的はまだ居ないようだ。


途端、公衆電話が鳴った。


「もしもし」

「もしもし、前田ですけどー」

相変わらずの能天気な声が向こうでした。

「今、何処にいるのよ?」


『あなたの後ろv』


後ろをすぐに振り返った。
漫画だったら 「バッ!」とか効果音が聞こえてきそうなくらいの勢いだ。


・・・血まみれの若い男がそこにいた。


手に私の携帯を持ってる。
相変わらず手癖が悪い。

あの日と全く変わってない。
血まみれと言っても、流血してるわけではないようで、
それが、またあの日からの時間の経過を物語っているようで。


「・・・っ!?」

「ごめんな。」

「何で・・・何でよっ・・」


もう何が言いたいのか頭の中がごちゃごちゃだ。
涙で視界がぼやける。
泣いたら、しゃくり上げてもっと何言ってるのかわからなくなる・・。


「お前のさ、番号だけ覚えてたんだよ」






一番に気味の悪い理由。


だって、〝前田繰辰〟は 私の目の前で死んだんだ・・。





随分前だ。

随分前とだけ言っておく。
人によっては一カ月かもしれない。
一週間かもしれない。
どうだっていい。

随分前の話だ。

繰辰と私、榎園恵乃は付き合っていた。
平平凡凡なカップルだった。
コンビニ嬢と、いつもフラフラしてる彼氏。
お金もあんまり無くて、デートって言っても、
ヂャスコとか、あんまりお金のかかんない場所ばっかりで。


待ちあわせは タバコ屋横の公衆電話。


有名な銅像とかそんな洒落た待ち合わせ場所なんて無かったから。

元来、遅刻魔の私は、よく先に彼を待たせていた。

その度に、その公衆電話から携帯に電話が掛ってくる。

今時、携帯電話も持ってない人だった。



その日も、繰辰は公衆電話の前にいた。

 
〝待たせてごめん!〟〝髪型に戸惑ってた!〟色んな言い訳考えながら、向かってた。


電話が遠目で見える距離になった頃、

向こうからやけにスピード出した車が来た。


危ない・・。
そんなんじゃ、ぶつかってしまう・・。


嫌な予感と言うのはこうあってほしいと願うよりも当たる確率が良い。

世の中に神様がいるんなら、きっと性格はドSなんだろう。



・・・スピード狂の車は繰辰のいた公衆電話の所に見事に衝突した。
すぐに、駈け出して行ったけど、ガラスの破片やらで・・もう・・。

何事かと、出てきたタバコ屋のおばさんには「見ない方がいい」って止められて・・。


後で聞いた話だが、運転手もその時同時に果てたらしい。






「何で化けて出てきたの・・
 前田繰辰は、あの時、私の目の前で死んだのよ!」

「化け・・かぁ。」

「何よぅ・・。成仏するんならしてよ・・」

「・・それは致し方ねる。」


中途半端に電話なんかされたら忘れらんないじゃない・・。
何だか葬式も有耶無耶だったしさ。


「思いだしたのさ、全部。」


死んだ彼氏が電話掛けてきて、今目の前にいて・・。
もう何が何だかわからない。


「俺、死んでないんだよ。」


何を言うと思ったら・・!?
だってそんなに血まみれ・・。


「死んだ事にしてたんだ。」



そんな必要が何処に・・?


「俺の職業・・言ってなかっただろ?」


フリーターでしょ?職業じゃ無いじゃない。
いっつもフラフラしてさ。


「殺し屋さ。」


・・・何それ。
嘘つくんならもっとマシなのあるでしょう?
笑えないわよ、はっきり言って。
化けて出てもそんな軽い態度で。


「で、お偉いさんから依頼されたんだけど、口封じで消されちゃってさ。」



彼氏が殺し屋やってるとことか想像できないわよ。


「何でこんな汚れ仕事やってるかって言うと、理由は簡単なんだよ。

  〝死なない〟からさ。」



次は何処ぞのファンタジーよ。
じゃあ何?本当に生きてるってわけなの?
 

「一旦、死に目に会ったら記憶飛んじゃうみたいでよ。
 で、最初に思い出したのがお前のケー番だったわけで。」





「・・も、もしもし?」

「・・ えっ!? その声・・っ。」

「えっと・・あのー」

「・・嫌だ・・繰辰なの・・?」

「あ、俺、そういう名前なの?」

「・・・。」

「おい、何とか言ってくれ。わかんないんだよ。覚えてな・・」


 ※ツーツー ツー



スポンサーサイト
Posted at 09:02 | カノピコ | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。